カテゴリ:妊娠



産後、「ほかの人はどうしているのだろう?」「同じくらいの赤ちゃんを育てているお母さんと、話がしたい!」と思っている方は多いですよ。...
無痛分娩とは、医学的には硬膜外麻酔鎮痛法により陣痛・分娩の痛みを和らげる方法です。...
妊娠中、ちょっとした不安や専門家に聞いて確認しておきたいことってありますよね。 自分の体のことや赤ちゃんのこと、お産の進み方やその時の過ごし方、お産直後のこと、おうちの準備など。 こんなささいなこと、聞いていいのかしらと遠慮する方も多いのですが、ささいなこともためると大きなしこりになってしまいます。...
少なくとも出産後の3週間は母体を回復させる時です。授乳以外は昼夜を問わず横になれる環境を作ることが大切。 できれば、産院を退院する日から夫にはお休みを取ってもらい、家事全般や育児を担ってもらいましょう。...
(二人の先生からの回答です) ■回答1:臨床心理士 橋本 洋子先生 「お母さんなのだから」とがんばらず、「これでいい。何とかやってるよ」と、自分で自分を認めてあげましょう。 そして、赤ちゃんがお母さんに甘えるように、お母さん自身もまわりの人たちに甘えることが大切です。...
妊娠中の腹帯は、大きくなっていくおなかを支えて体を動かすのが楽になったり、おなかが冷えるのを防いだりしてくれます。...
妊娠後期になると、足がつる、いわゆるこむら返りを起こす妊婦さんは多くなります。 赤ちゃんの成長に伴いおなかが大きくなることで下肢に負担がかかったり、下肢からの血流の戻りが悪くなったり、カルシウムなどが足りなくなったりなど、様々な要因が重なるためではないかと考えられています。...
妊娠中はお腹の赤ちゃんのために栄養をできるだけ蓄えようと働くので、体重は増えやすい状態です。 食事内容が偏ったりしていなければ、よく噛んでゆっくり食べること、夕食時間を早めにして、睡眠時間をしっかり確保すること、こまめに体を動かすようにしてウォーキングなどの有酸素運動を行うことなどをお勧めします。...
妊娠中に甘いものをたくさん食べて、妊娠糖尿病を指摘されるのではないかと心配なのですね。 妊娠中は胎盤の働きにより、血液中の糖をコントロールするインスリンの働きが抑えられ、血糖値が上がりやすい状態になっています。...
骨盤位(逆子)は34-35週で自然に戻る事が多く、妊娠満期における骨盤位は約3〜4%とされています。 かつては逆子体操が積極的に行われていました。四つん這いになってお尻を高くあげる体位、すなわち胸膝位を取る方法などが一般的です。...

さらに表示する